雇用統計よりも注目の指標は?

欧州時間に入っても、
変化無しは相変らず。

ドル円は103円前半辺りを
行ったり来たりの展開です。

でも東京時間が堅調に動いていたことで、
欧州株価は安定していますね。

このまま平穏無事に
言って欲しいと願っていますが、
そうはいかない。

アメリカは連休明け。
それに雇用統計よりも利上げに影響すると言われている、
ISM非製造業景況指数の発表が控えています。

結果次第によってはかなり大きく動くかと思うので、
見過ごすわけには参りません。

9月に利上げがあるかどうかも、
決まるかもしれませんよ。

でも雇用統計がイマイチだったから、
少々の不安はありますね。

数値が上昇すればドル高円安に行くでしょうが、
下がれば…。と

にかく出来ることと言えば、
発表を待つしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です